Taiko-life

和太鼓奏者の日野一輝が、太鼓を中心に色々なことを呟きます。

物心ついた時から社会人になるまで、父が嫌いでした。

でも、暴力されたとかではありません。


怖かった。だから嫌い。


それだけです。



僕が小さい頃は祖母の家で育った記憶があり、しょっちゅう母が来てくれて、たまーに父が来た、という感じでした。


そんなたまに会う父は、どこか不機嫌そうに見えたんです。

祖母の家は物に溢れていて、とても狭く人がやっと通れるスペースしかない感じでした。

「物捨てろや」
「こんなんいらんやろ」

祖母に話す父はとても怖くて、目も合わせられませんでした。


そのせいか、幼稚園の時はあまり遊んでもらった記憶はありません。
実際は知りませんが…。




小学校に入ると、父の行なっている古武道をやらされました。
これは中学か高校までずーっと。

古武道とはなんぞや?
という所は省略します。
もし良ければ父のサイトをご覧になって下さい。


しかも、父のお弟子さん?達と一緒にやらされる訳です。
みんな大人です。
突きとか蹴りとかもちろん、木刀使ったりもしてました。



怖いですよ。父とか関係なく(笑)


その時、父が怒るんです

「逃げるな!」
「逃げるから当たるんやろが!」
「相手の目を見ろ!」


泣きながらビビりながらやらされた記憶があります。



なんで他の同級生はこんなことやって無いのに、僕はしなくちゃいけないの?

なんでみんながテレビを見てるだろう時間にやらなくてはならないの?


古武道だけではありません。


そろばんや絵を描く、記憶法、速読法、超能力的な事、音楽…その他色々やらされました。



やりたくないのに、やらなきゃ怒られる。

だからやっていた。


怖いから。



だから、こんな家で育ったのは不幸だと思った時期もありました。


友達も寄り付きません。
得体の知れない人の家になんか行きたくないでしょう。


その時の話を友人と会うとよく聞かされます。
「日野の家に遊びに行ったらや、絵をかかされたやんな!」
「なんか回し蹴りとかやらされたで(笑)」

みたいな(笑)





父は仕事で家にあまりいませんでしたので、そんな時はお弟子さんと一緒に過ごしてました。



この点でも他の家とはちょっと違った環境ですよね。



父がいない時は嬉しかったのを覚えてます。



だって怒られなくて済むから!

もちろん怒られてるだけではないですよ?
でも、その印象が圧倒的に強いので、それしか覚えてないんです。

いや、他にも原因がありますが、ハッキリ言って小学校〜高校までの記憶は殆どありません。



多分心の何処か奥底に閉まってるんだと思います。
その箱は開けたくない!





父はよく外出先から電話をかけてきました。

何を話したか覚えてません。

怒られると思ったから、嫌々話したんだと思います。




反抗期ってありますよね?

僕は父に反抗出来ませんでした。

怖いから。

本当に怖いんです。
反抗なんかしたら殺されるんじゃないかと思うくらい!





いつか忘れましたが、父だったか母だったかこんな事を言われたのを鮮明に覚えてます。

「一輝、ええか。高校卒業したら外に出るんやで。外は色々あって楽しいで。色んな世界があるんやで。こんな所に居てたらあかんで」


こんな家になんて居たくない。
1秒も早く家を出たい。


それ聞いて強く思ってました。






高校に入り、かなり距離のある学校にバスで通うようになりました。

クラブにも入り、家にいる時間が激減。

土日も家に居たくないし、父の顔も見たくないので速攻で遊びに行ってました。


それでも家に帰ると父がいるので、自室に籠る時間が増えて行きました。

外に出る日をずっと夢みてた期間です。








そして18歳の春、高校を卒業し自衛隊に入隊する日が来ました。

駅まで送ってくれて、僕は大きな荷物を持って出て行きました。


その時の嬉しさ!

もうプラットホームでガッツポーズですよ!


もう家にいなくて良い。
もう顔を見なくて良い。
もう武道しなくていい!


様々な事からへの脱出。

歓喜です(笑)




こうして、大嫌いな父から離れる事が出来ました。







続く

メンバーが聞いて来ました。


「リーダーは太鼓を目の前にしていない時、例えば電車とかお風呂とかバイトとか諸々…そんな時どんな稽古していましたか?」

  




良いですよね、こう言う質問。




僕らの様な職業の人は、楽器が必要になります。

でも太鼓が目の前にある時だけが稽古では無いんですよね。

当たり前ですけど。




じゃあ太鼓無かったら何もやらんのかよ!って話になるわけで(笑)




たしかに実際問題、太鼓が無かったら叩けません。



でも、常に太鼓があるとは限らないし、太鼓が叩ける環境にいない時もあるし。



そして実際はそっちの時間の方が長かったりしますよね。



僕も同じです。



四六時中太鼓には触れていない。





じゃあ稽古出来ないやん?






まず結論から言うと、そう思う人は絶対に上手くなりません。




稽古なんていくらでも出来ます。





ちなみに、叩くだけが稽古じゃ無いんですよね。


逆に言うと、叩いてても稽古になってない人もいてるんですから。


それは太鼓に限らずです。





じゃあ、手でパタパタ叩いて練習するの?




そんな事しません、僕は(笑)




それは太鼓がある時に嫌という程やるので、無い時にこそ出来る事を見つけてやるんです。



音楽聴くのも良いし、身体の使い方の稽古するのもいいし。





…でも思うんです。




本当に好きなら、本当にやりたいなら、四六時中考えるやろうって。




そうですよね?




勉強が好きなら、ずっとやってますよね?

自分で問題作ったりとか(笑)



電車が好きなら、写真撮ったりするけど、それ以外では資料集めたりしますよね?






そうならないと言うことは、

もしかしたらそこまで好きでは無いのかもしれないし、いや好きだけどその時だけ楽しみたいっていう好きかも知れないし。





それは人それぞれなので分かりませんが、



でも、夢中になる時って時間も忘れて没頭しません?





僕だと太鼓なんです。



もちろん、教室で習う「好き」を否定してるのではありもせん。




僕は好きが高じて仕事にしたから、という意味です。







まだ太鼓で食べれない時は、ずっとバイトしてましたが、ずっと太鼓の事を考えて、今出来る稽古方法を独自で編み出したりして…。



だって好きなんですもん!

そして食べて行かなくてはならないんですもん!



太鼓やりたいんです。

上手くなりたいんです。

食べていける様になりたい。



でも目の前に太鼓無い。




だから他に出来る事を稽古するんです。



それが実るかなんて分かりません。

でも、やらないより進歩はします。


シックリ来なかったら、別のやり方を考えてやります。




そのメンバーは、つねに稽古をし上達してます。


しかし、当たり前ですが足らないところがある。


それは技術では無い。


それは伝えました。

「もう次のステージに行かなあかんで」



そして色々考えて試行錯誤して、

だから、僕に聞いて来たのかも知れません。




そのメンバーには、僕がやって来た事を伝えました。



それが良いか悪いかは別です。


そして、それをやるかやらないかも関係ありません。




でも、彼女はこれからもっと伸びるでしょう。




音の変化が聞けるのは10年後かな?




芸事ってそれくらいのスパンなんです。


だからずっと出来るし終わりが無いんですよね。







だから、楽しいんです!

今日は神奈川県横浜市にある特養施設の10周年記念に演奏で行ってきました。


メンバーは、僕とあかねと絵理香。


この3人だけでイベントに出るのは、これで最後。






今回この施設と私を繋いでくださった東京教室のUさんも一緒に!

IMG_0403





もういっちょ!
IMG_0404




出番は13時〜と14時〜の2回。

時間はそれぞれ15分程度なので、2曲…頑張って3曲。

選曲はあらかじめ考えていましたが、

「真をやりたいです」
「短縮バージョンではなく、フルでやりたいです」

などなど、最後の要望?を受け入れて



前半は、祭りの場、血反吐1、さくら
後半は、真、沸点



もう死ぬほど叩いてきた「沸点」で締める。
これはどうしてもやりたい曲でした。
世界各地で叩いてきた曲で、何百回と演奏してきました。
沸点になると自然に身体がそのモードになるから不思議です。
彼女たちも同じ。
目つき、顔つき、変わります。

そして、何も言わなくてもアイコンタクトで通じる。






 
評判は、
特養に入られている方だけでなく、外部からも沢山見にきてくださり、大盛況でした! 



最後の沸点の連打では思わず「もっといけ!!!」と叫び、二人のこれからの活動の成功を願って、後ろから怒涛の連打を浴びせてやりました。

過去最高の沸点になったのでは無いかと思います。

それほど彼女たちのパワーとエネルギーはすごくて、会館がどよめき、拍手喝采でした。


館長や他の施設長も挨拶に来てくださり、沢山の感謝の言葉を頂きました。
本当にありがとうございました!



さあ、僕も走りだそう。



 

↑このページのトップヘ