日本一の練習風景を見たかったので、その方(Aさんとします)に、ダメもとで聞いたところ、丁度このころは忙しく無理という話でした。しかし、なんと年明けに連れて行って上げると言ってくれたのです!またまた舞い上がる私!その時Aさんはこう言ってきました。
「一輝君、毎年夏に2泊3日で、うちの高校でマーチングの講習会があるんやけど、行ってみーへんか?」
との事でした。
毎年夏休みに入った位に、その高校のOBがマーチングの基本を3日間、合宿みたいな感じで教えているみたいなのですが、その規模は大きく、全国あちこちから受けにやってくるそうなんです。また、講習内容も数パートに分かれており、個人の希望で選択出来るシステムでした。
これは面白そうや!と思いましたが、一人では他が何をしているか判りませんから、1年の時から一緒でバンド仲間でもあったSを呼び、話をしました。すると「俺も行く!」と即答。
実はこのSと2人で1年の終わりから、自分達が3年になったら、こんなことをやろう、こんなマーチングをやろう、と話したり、これからの方針を言い合ったり、一緒に遊んだりと、本当に仲のよい友達でした。そしてSもマーチングが好きだったので、いいチャンスだと思ったのでしょう。
また、マーチングの県大会は毎年9月に行なわれており、夏休みに入ると、休み無く朝から晩まで練習します。だから、夏休み初旬3日間だけなら大丈夫だろうと思い、行くことを決意しました。
1学期の終業式前、部長に話をしました。すると、「いいよ、勉強してこい!」と、嬉しい返事が!

7月末夏休み初日、私とSは、Aさんの車に乗り込み、講習会場でもあるその高校へ向かいました・・・。