某県某市
Aさんの運転で昼過ぎ、私とSがその高校に到着しました。Sは少し緊張してましたが、私は期待と興奮で胸がいっぱいでした。
車を降りて、受付に行くと・・・思わず絶句!
あまりの受講者の多さに驚きました!軽く200人は超えているでしょう。そして、高校生だけでなく、一般の方や中学生も参加していて、その規模の大きさを改めて実感しました。
さて、受付です。前も書いたように数コース分かれているので、ここからはSとは別行動になります。しかし、宿泊する部屋は同じなので、少し安心(?)でした。
私は指揮者のコースを受けました。よくパレードで見かける、先頭で棒を振っている人がいますが、ここではその動きの基本的な事をするみたいでした。
他のコースの詳細は忘れましたが、カラーガード(旗を振る人)や、一般コース等あった気がします。Sは一般コースでした。一般コースは、基本動作や号令等、マーチングの基礎コースともいえる所です。
受付したら、すぐ開始です。部屋に荷物を置き、「頑張れよ!」とSと言い合い、別れました。

指揮者コースには、受講者は20人位いてたと思います。半分は大人の方でした。講師は2人。ここの高校の卒業生です。各人自己紹介をした後、早速開始。確かメイスという名前の棒を、それぞれに配られ、簡単な説明の後、動きに入りました。動きといっても、右手で棒を持ち、斜め45度位の角度を保ちながら、右手を胸の前から目線まで上げる、ただこれだけです。胸の前では親指と人差し指の間に挟み、他の指は添えるだけ。そのまま目線まであげ、そこに来ると、クッと握ります。
必ず右手は自分の中心線を通り、さらにメイスの角度は維持したままです。そして、講師のカウントにあわせ、奇数拍は上、偶数拍は下、と繰り返すのですが・・・
「なんや、これだけか」と思っていましたが、これがなかなかの曲者!上と下では角度が微妙に変わるのです。また下に下げすぎたり、上に上げすぎたり、力みすぎたりと、思うようにいきません。全員横一列に並び、講師が前を歩きながら一人ずつ注意していきます。私も何度も注意されました。そして、これが延々続くのです。休憩を挟んでもやることは同じ。
今日は一日中メイスの上げ下げでした。