おはようございます。帯状疱疹一輝です。



かなり治りました〜!
まだぷつぷつがあり、ピリピリと神経痛が残ってますが、かなり良いです。


あと数日後には海外に行くので、それまでに治したいと思います。












さて今日は「楽しませる」について








僕は「一輝太鼓道」という太鼓教室を開いてます。

さらに、色んなところで太鼓体験をさせたりしてます。






で、その時に「とにかく楽しませる」という事を最重要ポイントに置いています。





太鼓の指導?をするのはもちろんなのですが、そんな事より「楽しませる」が大事だと思うからです。




楽しくなるとどうなります?

笑顔になりますよね?笑いますよね?







そうなったら、こっちのもんです。

だから、一番初めの初対面の時は、全力で笑わせにいきます(笑)




 

楽しいということは、笑いにつながります。


笑うと、周りの人も釣られて笑ってしまう

笑うと雰囲気が良くなる

笑うと上手く行きそうな気がする

笑うとヘマをしても誤魔化せる

笑うとスッキリする




などなど、本当に良いことだらけですよね?


「当たり前やんけ!」


という声が聞こえてきそうですが、この当たり前のことがなかなか出来ない。


書き込みにもありましたが、淡々とこなす方も沢山います。


それって、どうですか?

もちろん悪くはないです。




ですが、楽しくないですよね?






じゃあ、どうしたら「楽しませる」ことが出来るのか?













簡単です。

1つは「自分が楽しくなる」ように考えたらいいんです。 






ここがポイントです。

「自分が楽しくなる」ようにするんです。


「そんなん分かってるわ!」という声が聞こえてきそうですが・・・・。



でもね、ちょっと違うんです。



相手に楽しんでもらおうと、相手主体で考える

のと

自分が楽しんで、それを相手に伝染させる


の、違いです。




圧倒的に前者が多いです。

僕は後者です。




だって、相手は沢山いてるし、何が好きか、何が楽しいとか分かりませんよね?

そんなんアレコレ考えるだけ、ストレスです。

「どうやったら楽しんでもらえるかな〜」

って考えてません?

そんなん、無駄です。






「どうやったら、自分が楽しいかな〜」です。 

自分が面白いと思うことを、実行するんです。

上手くいかなかったら、別の事を実行したらいいんです。


最初は、それを無理やり笑いに持って行きます。

「どうどう?面白いやろ?」

みたいな(笑)

反応がイマイチだったとすると、次のネタを披露します。




そしたらそのうち、なんとなくコツが分かってきます。



しかし、そのためには沢山の観察力が必要です。 









出来たか出来ていないか、を観るのではありません。






このネタで、楽しんでるか、楽しんでないか、を観るんです。






楽しんでいたら、こっちのもんです。


「いらっしゃいませ〜、ようこそ楽しい太鼓の世界へ!」


みたいになってくるんです。

いや、ほんまに。






でもね、なかなか笑わない、楽しんでもらえない時もあります。

その原因って分かります?



一つは、こちらサイドの問題。

これは仕方がありません。訓練です。





ところが、もう一つが、かなり厄介。







相手が、斜に構えている





これが、曲者です。





斜に構えるとどうですか?


雰囲気悪くなります。




何しに来てんねんって僕は思います。


斜に構えても、良い事なんて何もありません。





でも、これもやり方によって攻略出来ます。







これはまた今度。