福岡公演まであと1週間!


ちょっと人と話をしていて思い出した笑い話があるので話します。






今から13年ほど前、とある国に演奏ツアーを行く事になったのですが、当時は太鼓が全くなかったのでこれを機に沢山購入したんです。




SHOCKでも使用している大太鼓もその時買いました。

他にも締太鼓や鳴り物とか…



合わせて、大体500万!!





当時26歳だった僕に払えるわけありません(笑)



でも、なんでこれ程購入したのかと言うと、返済するアテがあったんですね。








そう、そのツアーのギャランティーです。




だから、チーム結成して2年目でデカイ規模のツアーを回れるとは夢にも思っていなかったので、思い切って購入したんです。




購入先の太鼓店に話をして、そこの社長と仲良くなり、それだったら月々○万円位で返してくれていいよって有難い言葉も頂いてて。

だから、万が一ギャランティーの支払いが遅れても何とかなるなと…








思っていたんです。









ところが…









ツアー回って2ヶ月後、日本に帰国。



で、そのあとすぐさま別の国へツアーに出かけました。




その時に入金予定だったんです。





そして帰国





それは12月のもうすぐ年を越すであろう年末でした。
とてつもなく寒かったのを覚えてます。





通帳見て、




…あれ?





入ってない






電話しないと!





あれ、繋がらない




まてまて。落ち着こう。



「コーヒー淹れてくれる?」




当時は男メンバー3人で暮らしてました。
とても古い一軒家に。
節約の為と稽古を頻繁にするために。






「一輝さん!水が出ません!」


「一輝さん、ガス止まってます!」


「一輝さん、電気付きません!」










えーっと、今、平成やんね?




「衣装洗濯しよか」「あ、動かへんのやった」


「親に電話して金借りよ?」「あ、繋がれへんのやった」






(笑)





途方にくれました。





男3人で。





寒い部屋に段ボールを敷き詰めて「床ダン」

エアキャップをさらに敷き詰めて、とにかく寒さを凌いだのを思い出します。




「お前ら取り敢えず実家に帰れよ?」



「一輝さん、お金ありません!」





もうね、笑うしかないです(笑)





結局、10円で公衆電話から父に電話をかけ、10万円送金してもらい、それをメンバーに渡して、それぞれの実家に帰らして、なんとかその時は凌ぎました。





結局、支払われるギャランティーは払われず、その金持って逃げられたんです。





もう捕まりません。



電話も繋がりません。










いやー、参った参った!
26歳の時の話です(笑)





え、借金?



もちろんアルバイトとイベントのギャランティーで返しましたよ!


社長とお話しさせてもらって、チビチビながら返しました。


7〜8年かかりましたけどね。