Taiko-life

和太鼓奏者の日野一輝が、太鼓を中心に色々なことを呟きます。

2009年12月

今日で太鼓衆一気の今年の稽古は終わりました。
午前は、昨日も書いたように、かねてから計画していた遊びを、府中の森公園で実行!
・・・ふとももが筋肉痛です(笑)
まあ、いい歳して何してんねん!という感じですが、ちょっと本気の遊びがしたくて、やってしまいました。

午後は、稲城の稽古場に行き、来春ツアーの曲練習。
場所によって、若干メンバーが変わるので、今回の構成はかなり悩みます。
しかし、全員当たり前ですが、先月の北沢タウンホールでの公演より、良いものにしようと奮闘しているので、メンバーが変われど意気込みは変わりません!

・・・しかし、前回の反省もかねて、今回は最初からイケイケドンドンの曲目を並べたので、体力の消耗が凄まじいです!!

最後は、一本締めで、終了!
メンバーの皆様、今年一年、本当に有り難うございました!
来年も早々からですが、よろしくお願い致します。

今日、今年最後の太鼓教室が終わりました。
最後は、少し難しい曲をワイワイ言いながら、楽しく締めくくる事が出来ました!
そして、明日は太鼓衆一気の稽古日で、叩き納めです。
しかしその前に、以前から計画していた遊び事を、稽古の前にメンバー全員で行います!
くだらないと思われるから、言いませんが・・・(笑)

年賀状もまだあるし、曲も早く仕上げなくては!

今日、いきなりパソコン内のとあるソフトが、動かなくなった!!
せっかく作業していたのに、すべてパア・・・。
またインストールしなおし、一から始める事に・・・。

はあ~・・・

先日のふざけた事業仕分けで、日本の文化事業がなくなります。
あかんで、と思っていた矢先、それに反対するページを見つけました。
是非、皆さん協力してください。


緊急のお願いです。
事業仕分けにおいて文化関連予算がバッサリ切られました。特に、子供たちを対象とする『本物の舞台芸術体験事業』が廃止、日本芸術文化振興会への交付金が圧倒的減額、とされたことには強い危機感を持っております。『本物の舞台芸術体験事業』は音楽のみならず、演劇、伝統芸能などの公演を、学校に出向いてワークショップを行い、生徒の参加を含めて体験させるという、大変意義深い事業です。
天下りによって私たちの税金が巨額の報酬や退職金になっている事業ならともかく子供たちの感性を豊かにし、将来の日本を担う人材を幅広く育てよう、日本の文化活動を底支えしよう、という事業にまで、費用対効果の理屈一辺倒で切り込んだ今回の非常識な結論にたいして、ぜひ、事業廃止に反対する意見のメールを送っていただきたくお願い申し上げます。
文化庁(文部科学省)の意見募集は期限が「12月15日」となっておりますので、ぜひ期限内にお願いいたします。その際、下記の要領でお願いいたします。
以下のフォーマットをお使いください。
よろしくお願いいたします。


Subject: 助成廃止反対


送信先アドレス:nak-got@mext.go.jp


担当官:中川正春・後藤斎

●事業番号「4」事業名「文化関係1-独立行政法人日本芸術文化振興会」

*芸術創造活動特別推進事業助成金についてはこの事業です。

「芸術創造活動特別推進事業助成金の削減・廃止に反対します。」

という一文を入れてください。この一文だけでも構いません。

●事業番号「5」事業名「文化関係2―芸術家の国際交流(学校への芸術家派遣)」

*本物の舞台芸術体験事業がこの項目です。

「本物の舞台芸術体験事業の廃止に反対します。」

という一文を入れてください。この一文だけでも構いません。



・様式は自由、必ず「件名(タイトル)」に事業番号、事業名を記入して下さい。
※ 署名扱いなので、住所・氏名を入れて下さい。

12月15日〆切です、音楽関係の方に限らなくても結構です。とにかく文化庁のサーバーをパンクさせる程のメールを送信しなければ、このまま日本の芸術は全てなくなってしまいます。時間がありませんが、ご協力よろしくお願い致しますm(__)m

コメントを書く (*の項目は入力必須)

来春のコンサートの為、群馬のホールを視察してきました。
中はとても綺麗で、設備も整っており、演奏するには気持ちの良さそうなホールでした!
夜は、群馬公演に協力して下さるマイミクの方と会議(笑)
とにかく群馬での知名度がないので、ありとあらゆる手段で宣伝する方向で、話はまとまりました。
ラジオに新聞、大学関係に太鼓連盟、新聞の折り込みや張り紙など、とにかくやる事はやる!!

で、今日はチラシ作り。群馬も大事ですが、同時に東京、千葉、埼玉にも攻めて行かないと駄目なので、ゆっくりしている暇はありません!
さらに新曲も進めているのですが、これが煮詰まっています・・・。
そして!
この春コンサートでは、またしても太鼓衆一気初の試みとなる構成で挑みますので、みなさん必見ですよ~!!

↑このページのトップヘ