Taiko-life

和太鼓奏者の日野一輝が、太鼓を中心に色々なことを呟きます。

2013年02月

爪の痛みはありましたが、座長に比べると大した事ないですね。今日も全力で打ち込んできました!

帰る時、嬉しい事に楽屋口で親子さんに声をかけて頂きました。たまたま帰る方向が同じだったので、途中までご一緒する事に。気さくなお母さんと可愛い娘さん、短い時間でしたが色々お話し出来て楽しかったです。有り難うございました!

さて明日は2回公演。そして3月突入!!
沢山公演数はありますが、毎回全力で頑張ります!

ちょっと疲れたかな~って感じですが、まだまだ大丈夫です。ただバチで指を叩いてしまい、爪が割れかなり痺れてるのがやっかいかな…。

今日は機材の不具合もなく、何事も無く無事に終わりました。
自分が出演するシーンを確認すると、アドリブシーンが三つもありました。
一つはジャパネスク。次は夢幻の後、大太鼓のフチを叩き、石川さんとの掛け合い。そしてインターミッション~マスク前半。
最近は石川さんと掛け合う大太鼓のフチを叩くシーンに凝ってます!
もし興味のある方は見て下さい。
明日は再び二回公演。
肩も完治したので、ガンガンに叩きます!

昨日、応急処置した太鼓は何とか持ちましたが、他の太鼓もヤバイので、毎回一台ずつ楽屋に上げてケアする事にしました。
まだまだ先は長いので、丁寧に扱わないと!
ちなみに、太鼓トリオの新フレーズは順調に仕上がってきてます。
お披露目はいつかな~。

ついに恐れていた事が起こりました…。
太鼓は非常にデリケートな楽器で、湿度や気温の変化で微妙に音が変わります。
変わるだけなら良いのですが…。
詳しい作りは省きますが、太鼓の胴は木で出来ています。ですから湿気が多いと膨張するし、乾燥すると縮みます。
帝劇は凄く乾燥しているので、不安はあったのですが…、一つの太鼓の胴が割れたんです。幸いなんとかなる範囲だったので応急処置しましたが、この先第二弾、第三弾が出る可能性があります。普段は常にメンテナンスしてますが、今回は置きっぱなし、更に幕間でしか触れる事が出来ないという状態。
さて…対策を練らないと…大変な事になるかも。

↑このページのトップヘ