Taiko-life

和太鼓奏者の日野一輝が、太鼓を中心に色々なことを呟きます。

2014年12月

【拡散・ご協力お願いします!】

クラウドファンディングサイトREADYFOR?で、12月23日から【アルゼンチンに行き和太鼓の魅力や日本の文化を伝えたい!】というプロジェクトを始めました。
https://readyfor.jp/projects/2750

今年の7月、アルゼンチンで初めてワークショップを行いました。想像以上に多くの方に参加して頂き、また現地の方の多大なる協力のもと大成功に終わり、「また来て欲しい」「また教えて欲しい」等の依頼を受け、2015年6月に2回目のワークショップ&ライブを行う事を決めました。
しかし今回同様、全額自費という事で、どうしても渡航費や宿泊費が苦しい状態なんです。
そこで、READYFORという会社を通じて、寄付金をお願いしようと考えました。

クラウドファンディングとは、インターネットを通じて不特定多数の個人の方から支援金を集めるサービスで、発起人は個人の方やNPO企業等、様々な方がプロジェクトを組み、資金を募っています。
募集期間内に、目標金額に満たない場合は、0円になってしまう仕組みで、その場合、支援して頂いた方には全額返金になります。
支援して頂くと、もちろんお返しも用意しています。
例えば3000円ですと、サンクスメール。1万円だと団体TシャツやDVDなど金額に応じて様々です。

今回は現地の学校を訪問し、そこでワークショップやミニライブも行う予定で、より多くの方に日本の伝統楽器を知ってもらいたい、日本の文化に触れてもらいたいという思いから、少しでも日本とアルゼンチンの架け橋になればと、企画しました。
目標金額は50万円で、期限は来年2月11日までです。
本当に少しでもよいので、助けて欲しいです。
詳しくは、このリンクをクリックして下さい。
私が作ったプロジェクトページが出ます。
https://readyfor.jp/projects/2750

また、 広報にもご協力を頂けると幸いです。ページ内にツイート ボタンやfacebookいいね!ボタンがあるので、参加してもら えると幸いです。
ご協力どうぞよろしくお願いします!

おはようございます。少し遅くなりましたが、嬉しい事に来年のEndless SHOCKも出演させて頂ける事になりました。
「やっぱり太鼓は良いね!」と言われる様に精一杯頑張りますので、よろしくお願いします!

【お知らせ】

2015年1月10日に大阪のセントジェームスで行うライブですが、嬉しい事に全ての回が予約でいっぱいになりましたので、申し込みを締め切らさせて頂きます。
沢山のお申し込み、本当にありがとうございます!
中には3回全て申し込んで下さった方も!

先日、セントジェームスに行き下見をしてきました。
思ったより広かったのである程度太鼓は入りますが、あとは音量と振動が問題です(笑)
目一杯打つのではなく、本当に軽く軽く切れ味の良い音で今回は攻めたいと思います。
また、父との面と向かってのバトルは初めてなので、果たしてどうなる!?
乞うご期待下さい。

今日の夜はチームの稽古時間としてスタジオを取っていましたが、僕の連絡漏れで参加者無し(笑)。かわりに自主稽古しました。
普段なかなか自分の時間が取れないので、ミッチリ基礎と新ネタ作りに没頭したら、あっという間に3時間経ちました。やっぱりこういう時間は必要やね。
さあ帰って仕事仕事!

「お知らせ」
1月10日、大阪の道頓堀にあるセントジェームスというジャズバーでのライブですが、おかげさまでかなりの方にご予約いただきました。本当に有り難うございます!
15時台と19時台は、まもなく定員に達しそうです。
21時台は、まだ空きがあります。
もう2度と無いかもしれない超レア?なLIVE。
沖縄等遠方からも沢山お越しになってくれるみたいで、本当に嬉しい限りです。
1回だけでも2回でも3回全部でも、必ず聞き応えのあるライブになりますので、お時間のある方は是非お越し下さい!
【Presents by St. James New Year Special Live】
新年の始まりはDrumと和太鼓の響乱から
日程:2015年1月10日(土)
場所:セントジェームス 大阪市中央区道頓堀 ニコービル4F
時間:15:00~(残り僅か!)19:30~(残り僅か!)21:30~ ※入れ替え制
出演:Drums日野晃 Piano平野元一 太鼓衆一気(日野一輝・志保あかね・藤井絵理香)
チャージ:3,000円
お申し込み方法:お名前・人数・ご希望時間を明記の上、ダイレクトメールかinfo@wataiko-ikki.comまで送信ください。
※チケットはありません。当日受付けで精算という形になります。

↑このページのトップヘ