ただいま夜中の1時。
仕事の合間に久しぶりにブログを書いてます。

今日は「何かを始めるには、新しい事をするという事以外に、何かを止めるというのも何かを始めるになる」という話です。

どういう事かと言いますと、何か新しい事をしたい・やりたい、という思考から生み出されるパターンは「やったことのない事をする」です。このパターンが多いと思います。
これはこれで間違いではありません。
今回僕が言いたいのは、すでにある何かを止めるという行動も、「新しい事をする」に繋がってるよって事です。

何も、今ない事を行うことが新しい事ではなくて、今までしてきた何かを辞めたり捨てたりするのも、これまでの道から見れば新しい事になります。

だから「何かしたいけど思い浮かばない」「何かないかな」って思っている方は、一度今やっている事を見返してみてください。
そしてその中の何かを辞めたり捨てたりしてみてください。
それも「何かを始める」の第一歩になるんです。

例えばダイエット。
ダイエットしたいから、走るのを始める、筋トレをスタートする、野菜中心にする、というこれまでの生活習慣にプラスした考えでも良いのですが、まず現状から見て、例えばチョコを食べる量を減らす、腹8分目にしてみる、という現在の位置からマイナスしていくというのも、ダイエットに繋がります。

新しい事を始めるには今よりその事に時間を取られるのは当然で、これまでの生活時間が変わったりします。なので、時間設計の出来ない人は「今日は忙しいから無理」とか言い訳してすぐ辞めてしまたりする人が多いんです。
ではなくて、今のスタイルのまま一つだけ何か(食べる量とか)を減らせば良いんです。
その方がちょっと気が楽じゃないですか?

何かをすることが挑戦だけでなく、何かを捨てるのも挑戦になるよって話でした。