Taiko-life

和太鼓奏者の日野一輝が、太鼓を中心に色々なことを呟きます。

カテゴリ: 肉離れ

こんばんは、肉離れではなかった和太鼓奏者の日野一輝です。





肉離れでは無かった。




あの日から日に日に痛みが増し、さらにチクチクと針に刺される痛みが出てきて、背中に発疹が…



あまりにも痛いので、皮膚科に行くと…













「帯状疱疹です。」










え、なにそれ?










「入院されますか?」








え…しません。










どうやら、疲れとストレスからなる症状みたいです。





入院して点滴打つと良いらしいのですが、そんなん無理。





背中から脇腹、そして腹部にかけて発疹が帯状に出て、これが痛い痛い。




ピリピリして、さらに腹部はズキズキ






ほんまに歩くのも大変。





そうそう、そんな死にかけてるのに、こんな事件がありました。








診察を終えて、「イタタ〜」「ぐおー」と言いながら待合室に向かうと、受付の方が「だ、大丈夫ですか?」と、半笑いで聞いてきたんです。






「大丈夫ちゃうよー、痛すぎるでー、ぐあーーー!」





「そ、そ、そうですよね」



また半笑い





なに笑ってんねん!めっちゃ痛いんやで!
そら身体の動きが変なのかもしれんけど!




激痛の中、頭の中で1人ツッコミしてました。




その激痛の中、ヨロヨロと薬局へ。




「どうされました?」




「タイジョウ…なんとかです。ぐあーーーー!痛い!」


「だ、だ、大丈夫ですか?」

ここでも半笑い。




「大丈夫ちゃうでー、見てみて?ヤバイで」







「あーー。痛いですよね」






「…」








とにかく激痛なので、ロキソニン飲んで凌いでますが、本当に辛いので、ちょっとペースを落としていきます。





あー、情けない。






生徒の皆さん、心配おかけしてすみません。



レッスンは出来ますが、笑いの頻度は落ちるかもしれません。




すぐ戻します!

こんにちは、肉離れ和太鼓奏者の日野一輝です。




えーと、横になると非常に痛いですね。

さらに、胸部だから呼吸しても痛いというのは辛いです。

しばらく安静が望ましいのですが、とにかく移動するだけでも辛いので、何とかしなければ。

沢山の方から対処方を聞きましたので、紹介しますね。


まずは何と言っても「固定!」

動かせば痛いので、無理やり動かない様にすると良いみたいで、その方が早く治るとのこと。


次に「ビタミンB6を摂取!」

どうやらビタミンB6は肉離れに良いらしのです。


あとは「湿布系!」

ロキソニン系の湿布やテープも効果的との事。





これらの情報を元に、すぐ出来るやつから始めました。


まずビタミンB6。

これは単発ではサプリには無いので、ビタミン群というのを購入。

「うんうん、ビタミンB6入ってる。」


続いて、固定。

これはサポーターを使おうと思います。

胸部用のは無かったので、腰用を購入。

沢山種類があったので、店内でドバーッと広げて1つずつ試用。

で、購入して付けたのがこれ↓



IMG_9758



おお!なんか強くなった気がする!


ドラ○エで言うと、昨日の防具が布のキレだとすると、今日は皮の鎧くらい!


これを見せた時、メンバーも「おおーーー!」と、どよめいていたので、見た目かっこいいのかもしれません。

もちろんこのサポーターの下は湿布を貼ってます。


効果ですが、やっぱり締め付けると少し楽です。
痛いですが、楽になりました。


みなさんもよかったら参考にしてみてくださいね!


経過はボチボチ更新していきます。




突然ですが、みなさんは肉離れを起こした事はありますか?

僕は41歳にして初めてなりました。

ちなみに、肉離れと言えばどこの部位を想像しますか?

太ももとか、足が多いですよね。


僕はここ




IMG_9748


…腹部!

メンバーは悲しい顔してますが、爆笑してます。

なんでそんなとこ?

僕も分かりません。

考えられるのは…笑いすぎ?


完治するまで1ヶ月くらいと言われました。

今は湿布貼ってるだけですが、固定した方が良いとの事なので、サラシかコルセットを巻こうと思います。


これからしばらく、肉離れと共同生活。

痛いけどボチボチ頑張ります。

↑このページのトップヘ